愛猫が膀胱炎になってしまった。手術のストレスかな / 青龍の病気

ねこの病気や通院のこと。

青龍が膀胱炎だと分かったのは、手術後10日後くらいの事でした。何度もトイレにいっては、少しだけおしっこをしたり。。

 

青龍の病気の1つだった膀胱炎についてまとめました。

 

膀胱炎…怖い。。

 

 

 

粗相も何度もありました。粗相をしてくれたおかげで目で見て血尿だということもわかり、すぐ病院に駆け込みました。

 

 

 

 

獣医師さんは【膀胱炎】ですね。手術をしたばかりなので、ストレスで膀胱炎になってしまったのかもしれないと。。。

 

 

手術も終わって、少し落ち着いてきたのに。。

 

 

この子ばかりが何で?と思いました。

 

 

食事の変更、サプリメントとお薬を処方してもらい、様子を見る事に。

 

 

1週間ほどで落ち着いてきましたが、1ヶ月はお薬服用することになりました。その後、症状は改善しましたが、1か月後今度は膀胱の中に菌が。。闘いは続く…です。

 

 

 

 

猫の膀胱炎

膀胱炎とは?

細菌に感染して膀胱に炎症が起こる事。

 

猫の膀胱炎の症状は?

  • 頻繁にトイレに行く
    トイレに行く回数が多く、何度も通う

 

ae
ae

青龍は出たり入ったりを1分間に1~2回なんてことも。

 

 

 

  • 少量のおしっこしか出ない
    残尿感で何度もトイレに行くので出たとしても少ない

 

ae
ae

1滴2滴の時もありました。

 

 

  • 血尿が見られる
    尿が少し赤みを帯びたり、血の塊が尿に混ざる

 

ae
ae

粗相をした時に、血が混ざっていることを確認しました。固まる砂を使っていたので、実際のトイレの尿では分かりませんでした。

 

 

  • トイレ以外でのおしっこ
    突然トイレ以外でおしっこをする

 

ae
ae

今まで粗相など無かったのに突然始まります。昨日は無かったのに。。

  • 下腹部や陰部を執拗に舐める
    膀胱や尿道に違和感があると舐めることがある
青龍はこの症状はありませんでした。

 

膀胱炎の進行が急激に進むと結石などが尿道に詰まり、全く尿が出なくなってしまう【尿路閉塞】になります。早い段階で病院に行ってほしいです。

 

 

膀胱炎の原因は?

■ストレス

環境の変化や騒音、芳香剤の香りやトイレの状況、発情期や歳をとってきたりなど理由は様々

 

 

■食べ物

ミネラルの多いおやつや、人の食べ物、ミネラルウォーターなど

 

 

■細菌感染

何らかの原因で細菌が膀胱内に進入して感染を起こす事

 

 

 

 

治療方法は?

  • 注射、投薬、点滴
    診断の内容によって
  • 療法食
    療法食のみの処方もあります
  • サプリメント
    ストレスの場合おすすめされる事があります

 

ae
ae

青龍は投薬、療法食、サプリメントを取り入れました。

 

 

 

 

予防はどうする?

  • トイレ環境の整備
    ・トイレの個数
    ・設置場所
    ・nekoの好きな形や砂か
  • ストレスを感じないようにする
    ・環境が変わったときの対応
    ・騒音対策
    ・芳香剤や香水の匂い
    ・人間の食べ物を与えすぎてないか
  • 早期発見
    ・早期発見のため、日ごろの行動を観察
    ・おしっこの回数や食事の回数は把握

 

まずは、予防してそれでも分からない事もあります。早期発見が今後の治療に関わってきます。私は経験し、勉強しました。

 

 

早期発見!!

 

 

 

それが、出来るだけでnekoの負担は減ります。いつも、見ていてあげれる環境づくりが出来ると良いなと思っています。何かあれば、まずは病院で相談をしてください。

 

世界中のnekoちゃんが、幸せになれるように。

 

 

 

 

青龍が再発しないように頑張りたい!

そして、3nekoが病気にならないように!!

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました